RPGって何だ!? Ⅲ

聖剣伝説

RPGの世界において無くてはならない、人知を超えた巨大な力を持つ、「聖剣」の数々を紹介していきましょう。

「エクスカリバー」

アーサー王伝説に登場する、魔法の力を持つ伝説の聖剣。

鋼をも切り裂く鋭い刃と、身に着けたものは傷一つ負わないという魔法の鞘を備えていた。

アーサーはこの剣を台座から引き抜き、ブリテン島の王となった。

しかし、「エクスカリバー」は戦いの最中に折れてしまう。

そこで、魔術師マーリンに相談したところ、マーリンは湖にある妖精が鍛えた剣を勧める。

アーサー王が湖に向かうと、湖面に現れた湖の乙女から、もう一つの「エクスカリバー」を授かった。

「炎の剣」

北欧神話の炎の巨人・スルトが愛用していた剣。

ラグナロクにおいて、巨人の側につき、フレイと一騎打ちを挑んだ。

「グラム」

北欧神話の英雄・シグルズ愛用の剣。

悪竜ファーヴニルを退治する際に、用いられた。

「テュルフィング」

北欧神話に登場するスヴァフルラーメが、二人の小人に作らせた呪われた剣。

その剣は決して錆びつくことは無く、鉄を布切れのように切り裂くほど、切れ味が鋭かった。

「テュルフィング」は、スヴァフルラーメに数々の勝利をもたらしたが、巨人族のアルングリムとの戦いで、「テュルフィング」を奪われ、自らの剣で殺されてしまう。

「デュランダル」

フランク王国の王・シャルルマーニュに使えた騎士のローランは、聖剣「デュランダル」の持ち主としても知られる。

その切れ味は凄まじく、敵との戦いで瀕死の重傷を負ったローランが、敵の手に「デュランダル」が渡ることを嫌い、岩に叩きつけて折ろうとしたが、逆に剣が岩を両断してしまったという。

「クラウ・ソラス」

ケルト神話の戦神であり、ダーナ神族の王でもある「銀の腕のヌアザ」愛用の剣である。

光の剣である「クラウ・ソラス」は、その刀身から強烈な光を放ち、敵の目をくらませることが出来た。

ヌアザはこの剣の特性により、どんな敵も容易に倒すことが出来た。

「ブリューナク」

光の神・ルーが所持していた魔の槍。

投げると稲妻となって、戦場の敵を次々と貫いたという。

「七星剣」

三国志演義に登場する、王允が曹操に渡した宝剣。

曹操は、この剣で董卓を暗殺しょうとするも、事が露見するや否や、董卓に献上するという機知を働かせ難を逃れた。

「草薙の剣」

日本神話に登場する伝説の剣。

「村正」

<妖刀伝説>

徳川家康の祖父・松平清康は「村正」を持った家臣の謀反に遭い亡くなった。

また、家康の嫡男・信康が、織田信長から謀反の疑いをかけられ死罪となり切腹したが、その時に使用した刀が「村正」だった。

「ロトの剣」

ドラゴンクエストシリーズに登場する武具のひとつ。

ドラゴンクエスト3の主人公であり、オルテガの息子である勇者ロトが、後世に残した伝説の武器。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする