デジタル・デビル物語 女神転生Ⅱ(ナムコ)1990年

<女神転生Ⅱの世界>

1999年8月、新型爆弾が投下され、最終戦争が勃発した。

世界の大国はその力を失い、世界は終わることのない戦場と化した。

一部の特権階級の人々だけはシェルターに逃れたものの、地上は無政府状態が延々と続く。

そこに現われたのが悪魔たちだった。

伝説に語られていた妖怪や怪物が、都市部を占拠していった・・・

2036年、東京。

地下150メートルにある京浜第三シェルターには、まだ魔の手は届いていない。

そこに住む一人の少年は、親友とともに、コンピュータルームで体感RPG「デビルバスター」に夢中になっていた。

そのとき、突然、自らを魔王と名乗る謎の悪魔が、ディスプレイに姿を現した。

彼の話によると、地獄と化した地上では、人間に代わって二人の魔王が登場したという。

パズスとバエル。

二人の争いはバエルが勝利し、パズスは魔王バエルによって、コンピュータ内に閉じ込められていたらしい。

さらにパズスは、自分を助けてくれたこの少年達こそ、人類を救うことが出来る救世主であると示唆した。

少年達はパズスから悪魔召喚プログラムを受け取り、シェルターの出口へ向かう。

魔王・パズス

巨大な力を持つ、風の世界に君臨する魔王。

熱風を吹かせ、疾病を撒き散らす恐怖の悪霊として恐れられている。

パズスが復活し、すっかり救世主気取りの親友。

パズスの話では、第三京浜シェルター内に死人使いが現れたという。

シェルターB4Fの武器庫で装備を手に入れ、B1Fに潜んでいる死人使い・ネビロスを倒せ!

<核戦争後の東京地図>

A・東京大仏

B・中野

C・渋谷:邪教の教祖であるバラムという悪魔が支配している。

D・池袋

E・新宿

F・ピラーに関する大切な情報が入手できる。

G・芝:東京タワーには巨大な力を持った魔女がいるらしい。敵?か、味方か?

H・品川

I・羽田:回復の泉、邪教の館などの施設があり、序盤戦の拠点になる。

J・主人公たちが住んでいるシェルター。絶対安全と思われていたが、徐々に悪魔の進出が始まっている。

K・後楽園

L・足立

M・西新井大師

N・上野

O・銀座

P・夢の島

Q・バエル城

R・有明:スロットや闘技場がある。

ネビロスを倒し、核シェルターから、ついに地上に出る。

パズスから入る連絡では、芝にいる魔女が脅威なので、これを倒さなければならない。

はたして、魔女は敵なのだろうか・・・

魔女に会うと、自分たちはパズスに利用されているだけだと言う。

結局、魔女を選ぶか、パズスに陶酔しきっている親友を選ぶか、選択を迫られる。

ここで、親友を選ぶとゲームセット!

仲魔を作る

敵には3種類の属性があり、NEUTRALの悪魔は交渉次第で仲魔になってくれる。

もちろん、仲魔と一緒にパーティを組んで戦う事もできるし、魔獣合成もできる。

邪教の館

羽田にあり、魔獣合成が出来る。

今作では三身合体や、精霊合体も可能になった。

ちなみに、邪教の館のBGMは名曲である。

渋谷には不穏な噂がつきまとう。

ディーヴァ教の信者たちが悪魔を崇拝しており、渋谷は悪魔の街になっているというのだ。

渋谷を支配しているのがバラム。

邪教の教祖を退治するには、主人公の知力が7以上必要だ。

邪神・バラム

人を機知に富ませることが出来る、恐怖王。

ソロモン王によって封印された、悪魔の一人。

銀座の地下深くでは、ルシファーが氷漬けにされ眠っている。

大魔王を氷漬けできるほどの者とは、果たして?

魔王・ルシファー

前作、女神転生の最後の相手。

かつては大天使の地位にあり、最も神に近い存在といわれたルシファー。

しかし、神に戦いを挑んだ「天界の闘争」にて敗北。

神の怒りをかったルシファーは、地獄へと堕とされ、堕天使になったといわれる。

銀座地下2階から、後楽園に向かう地下道では様々な出来事が起こる。

その中でも、新型爆弾の爆心地に向かう地下道には、怪獣・ティアマットがいる。

地下道で石化しているアトラスを解放し仲魔に加え、いざ勝負!

が、はっきり言ってティアマットは強く、我がパーティ(地霊アトラス、幻魔エリゴール、地霊ブッカブー、妖精アプサラス)では全滅必至。

やはり、ハヌマーン様を仲魔に加えないと勝ち目はなさそうだ・・・

前作、「女神転生」の魔王は各エリアを守るボスキャラ的な存在でしたが、今作品の魔王は単なるボスキャラを超えた、ストーリーに彩りを加える重要な存在となっています。

女神転生Ⅱの魔王たちは、自分の目的のために主人公たちを利用してくることもあるし、お互いの利害が一致すれば手を組むこともあります。

こうした中で主人公たちは、それぞれの魔王の思惑をよく洞察したうえで、立ち回りをしなければなりません。

このように「女神転生Ⅱ」の世界は、勧善懲悪的な世界観を破壊し、単なる善悪二元論では語れない、奥深いシナリオとなっており、その後の女神転生シリーズの基礎となった作品でもあります。

デジタル・デビル物語 女神転生

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする