天地を喰らうⅡ 諸葛孔明伝(カプコン)1991年 PART3

[第六章 荊州平定]

孔明「曹操を討ち損じたと申されるか!」

関羽「・・・そうではござらぬが・・・つい、取り逃がしました・・・」

孔明「さては昔、曹操より受けた恩を思うて、わざと曹操を見逃されたな」

関羽「今さら何の言葉もござりませぬ・・・」

孔明「黙れっ、私情をもって曹操を取り逃がしたその方の罪は許されん!皆の者この者を斬り捨ていっ!」

慌てて劉備が止めに入ります。

赤壁の大勝利後、逃げる曹操を追い詰めた劉備軍ですが、最後の最後で命乞いする曹操を助け、そのまま見逃してしまったのです。

しかし孔明は、義に厚い関羽が曹操を斬れぬことは、初めから分かっていました。

曹操に義理を返すことで、関羽の心の重荷を取り除こうとしたのです。

曹操は荊州と襄陽の城に守りの兵士を残し、都に落ち延びました。

劉備は曹操に奪われた城を取り返し、一刻も早く荊州の民を安んじるべく、荊州平定に向け動きます。

趙雲・関羽・張飛・関平・孔明

第六章のスタートメンバーはこの5人。

関平の代わりに周倉起用も、有り得ます。

荊州城で策士・陳矯、襄陽城では猛将・夏候惇を撃破し、城を奪還していく劉備軍。

新野では伊籍が配下に加わります。

更に、南岸の船着き場から船で夷陵へと進軍し、何城で曹仁と激突。

ここまでは、各個撃破で問題ありません。

それほど、苦戦はしないでしょう。

敗れた曹仁は樊城に退却し、体制の立て直しを図りますが、そこに現われたのは・・・

呂布:劉備、関羽、張飛の3人を同時に相手にするほどの武技を誇る。愛馬・赤兎馬にまたがり方天画戟を振り回す、破天荒の猛将。

「曹仁よ、樊城を空にするとは、迂闊だったな」

「ぬっうっ・・・生きていたか・・・呂布」

樊城を奪い取った呂布の前に、曹仁は為す術もなく敗れ去ります。

「この呂布に戦いを挑むとは、命知らずな奴らよ。あの世で後悔するがよい」

北上する劉備軍、樊城で呂布と対決しますが、圧倒的パワーに押し返され、一時撤退を余儀なくされます。

何城に戻り、対呂布に思案する孔明は、鳳統を訪ねます。

「猛将、呂布。今の劉備軍で倒すのは難しかろう」

孔明は鳳統から戦闘中に使うようにと、『錦の袋』を譲り受けます。

孔明は『錦の袋』の中身を読んだ・・・

再び呂布軍(呂布・李傕・郭汜・張済・李粛)と対決。

鳳統の策とは、関羽を偽って退却させ呂布をおびき出し、その隙に樊城を落として、戻ってくる呂布を返り討ちにする、というもの。

「この呂布を甘く見るな!」

しかし、それでも十分呂布は強敵です。

何とか、火計を絡めた集中放火を浴びせ、呂布撃退に成功。

「さすがだな、劉備軍。いずれまた会おうぞ!」

呂布は退却しました。

次は、東の洞窟を抜けて、馬良の庵を訪れます。

馬良と親しい伊籍がパーティに居ると、荊州南部の四郡の攻略順序(零陵→桂陽→武陵→長沙)について、馬良のアドバイスが聞けます。

<零陵>

第一陣:刑道栄

攻城戦:劉度

敵兵士数は多いが、各個撃破でいけます。

この後も、刑道栄は度々野戦で登場してきます。

<桂陽>

攻城戦:鮑龍

鮑龍を撃退し城内に入ると、なんと城主の趙範が出迎えてくれました。

「先ほどは、我が家臣がとんだ失礼を。どうかお許し下さい」

趙範の誘いで、孔明は宮殿の中へと招かれます。

「陳応、鮑龍、今だ孔明を始末せい!」

しかしこれは、趙範が仕組んだ罠でした。

「孔明殿、助太刀いたす」

絶体絶命の孔明の前に現われたのは、またしてもあの男でした。

呂布は瞬く間に趙範、鮑龍、陳応を斬り伏せます。

「軍師、ご無事ですか?」

急いで駆けつけた張飛を前にして、呂布は驚きの提案をします。

「他意はござらん。劉備軍の力に感服し、麾下に加えていただこうと、馳せ参じた次第です」

その後は、呂布が桂陽城の主となって、劉備軍の背後を守るという展開になります。

<武陵>

跳ね橋が下りておらず、城内には入れません。

西の岬で悩んでいる城主の鞏志に話しかけると、劉備軍に降伏して城を明け渡す決断をします。

攻城戦:金旋

金旋を負かすと、城内へと逃げ込もうとします。

矢は一直線に金旋を貫いた。

しかし、劉備に寝返った鞏志に討たれ、武陵城の奪取に成功です。

この城の武器屋で、必ず装備を新調しておきましょう。

<長沙>

第六章最大の山場。

黄忠と魏延が立ち塞がる長沙攻略です。

まずは、城門で待ち構える黄忠と、関羽との一騎打ちのイベントになりますが、すぐに終了します。

更に、城内に突進すると韓玄軍(韓玄・黄忠・魏延・韓浩・楊齢)との戦闘になります。

黄忠:蜀の五虎将軍の一人で、知勇兼備の老将軍。抜群の弓術の腕前を持ち、定軍山の戦いでは夏侯淵を討ち取った。

魏延:劉備の侵攻に呼応して、韓玄を裏切り劉備に付くも、その後も次々と問題をおこし、最期は馬岱に討たれた。

厳しい戦いになりますが、炎熱の計と会心丹併用でなんとかなります。

勝利後に、魏延が仲間に加わります。

が、黄忠は韓玄の愛した弓を手に入れて葬儀を終わらせるまではと、配下入りを断ります。

西の洞窟で『養由の弓』を手に入れて、黄忠に渡せばようやく仲間になります。

黄忠(武220・知175・早150・山)

魏延(武240・知90・早130・山)

南荊州四郡、全ての城を手に入れたら、馬良の庵を再度訪れます。

そこへ急使が現れ・・・

「桂陽の守護を任されていた呂布が我々を裏切り、兵を集めて戦に備えているようです」

との報告が入ります。

馬良「趙雲殿、事は急を要します。まずは桂陽へ向かい呂布を倒してくるべきです」

<桂陽>

「趙雲よ、俺はやっぱり自分で天下を取ることにしたよ」

「まずは貴様らを倒し、荊州を取る」

攻城戦:呂布・張済

勝利すると、北の零陵城へ逃げていきます。

<零陵>

城外にて:呂布・刑道栄・劉延・楊齢

「もう、追いついたか・・・しかし、今度は負けん」

「くっ、くそう・・・零陵城へ退けー」

攻城戦:呂布・李傕・郭汜・張済・李粛

「趙雲よ、わしは天下に号令を下すという夢を捨てきれぬ。それを阻もうとする貴様らを、今度こそ倒して見せる」

いよいよ第六章も大詰め。

魚鱗の陣(敵の策略成功率が半減。攻撃力、守備力ともに上昇し、両翼の武将の攻撃力が低下し、策略成功率が上がる)を敷き、呂布との最終決戦です。

「天下を取るという夢が、貴様らごときに敗られるとは・・・グワッ」

そして呂布は裏切りの中にその幕を閉じた・・・

呂布を倒し、荊州を平定した劉備軍、馬良達も向かっている新野の城へこちらも戻ることに。

立派に改築された新野城では、使命を終えた陣登が仲間に加わります。

ここで、宮殿内で待っている馬良達を訪ねる前に、役所でセーブしておきましょう。

宮殿で馬良(武45・知235・早90)と馬謖(武170・知210・早110・山)が仲間に加わります。

馬良:馬謖の兄で眉が白く、馬氏五兄弟で最も優秀だったという。

PART2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする