ファミコンRPG 1989年 前篇

里見八犬伝(SNK)1月20日



主人公の信乃・現八・荘助・道節4人のパーティが展開する悪霊玉梓が操る妖怪との闘いを描いた和風RPG。

里見城に捕われた伏姫を救出するのが目的。

レベルアップ時にどれだけヒットポイントが上昇するかをルーレットで決めたり、戦闘時に良い妖怪と話すとヒントやアイテムを貰えたりする。



日向の村で現八を仲間に加えて、南の洞窟へと向かう。中には様々な妖怪どもが…



豊後の寺で、最初のボス「くびらおう」との戦闘。打撃攻撃と火を吐いてくる強敵。



ゾイド2 ゼネバスの逆襲(東芝EMI)1月27日



ゼネバス率いる帝国軍を相手に、共和国を勝利に導くのが目的。

戦闘は360度スクロールの3Dシューティング。

今作はパーティ制が導入され、多数のゾイドが登場。

ゾイドの執筆者が制作に携わっている。



ファミコンジャンプ 英雄列伝(バンダイ)2月15日



週刊少年ジャンプの創刊20周年を記念して制作された。

ケンシロウやアラレちゃん、山下たろーなど16人のヒーローを集め、世界支配を目論むピッコロ大魔王の野望を阻止するのが目的。

――ゲームに登場するな16人の英雄――

ケンシロウ(北斗の拳)

キン肉マン(キン肉マン)

間抜作(ついでにとんちんかん)

孫悟空(ドラゴンボール)

冴羽獠 (シティハンター)

則巻アラレ(DR.スランプ)

天馬星座の星矢(聖闘士星矢)

剣桃太郎(魁!男塾)

戸川万吉(男一匹ガキ大将)

鬼哭霊気(ゴッドサイダー)

ジョセフ・ジョースター(ジョジョの奇妙な冒険)

加納錠治(ドーベルマン刑事)

渡イサム(荒野の少年イサム)

山下たろー(県立海空高校野球部員山下たろーくん)

大空翼(キャプテン翼)

宇野球一(アストロ球団)



ヤムチャから教えられたとおり、22時に時報が鳴ったらケンシロウの墓へ。

これで1人目のジャンプ戦士ケンシロウが仲間になる。



基本戦闘はパンチの応酬を行うアクション。

原作の世界観、キャラクターの個性を殺し、色々な要素を詰め込んでいるが、何でも有りが面白いとは限らない見本の様なゲーム。

心折れずに最終決戦までたどりつけるか…



ハイドライド3 闇からの訪問者(ナムコ)2月17日



オープニングに登場する「炎の剣」を凌ぐ最強の剣「光の剣」入手方法。

まずフィールドマップにある湖の周辺を捜しまわり「銀の剣」を見つける。

それを持って「ハーベルの塔」へ行き、3階のエレベータ前を調べる。

すると、軽くて切れ味鋭い「光の剣」が見つかる。



このゲームには多彩な職業があり、リプレイ性を高めている。

戦士:攻撃力と体力はあるが、魔法は今一つ。

強盗:体力と腕力はズバ抜けているが、魔法は不得意。

僧侶:攻撃も魔法も得意。

修道士:高い攻撃力と魔力を備えているが、体力が極端に低い。

怪物:あらゆる能力が高い、隠し職業。



ビッグフライに勝利すると蜘蛛の糸が手に入る。

蜘蛛の糸があれば、天空の街から飛び降りても大丈夫。

洞窟の中に現れたのは、巨大な三つ首のマッドドラゴン。

弱点は炎吐くときに開く口だ!



ウィザードリィⅡ リルガミンの遺産(アスキー)2月21日



「ウィザードリィ」の世界では最強のファイターは2番である。

モンスターに剣などで直接攻撃できるのは、戦士などの前列の三人のみだが、しかし、その並び順は結構重要で、攻撃力が高い順に1、2、3と並べていくと損をしてしまう。

1と2が一撃で敵を倒し、3が敵を一撃で倒せなかった場合、次のターンでは3が倒せなかった敵を今度は1が攻撃する事になるからだ。

なので、2番目に最強の戦士を配置。次いで3番目、最後に1番目の順に配置するのがベストである。



ウィザードリィⅡのモンスターは、二つに大別できる。

一つは冒険者と同じ人間型のモンスター。

自ら望んで迷宮内に立ち入り、徘徊しているうちに正気を失って、なりふり構わず冒険者から宝の品々を強奪しようとする者たちだ。

もう一つは怪物型のモンスター、元々モンスターと言えばこのタイプを指す。由緒正しき正統派モンスターだ。

毒や、麻痺、石化、エナジードレインなど様々な特殊攻撃で冒険者に襲い掛かってくる。



ダンジョン内で唯一決して戦ってはいけない相手、伝説の宝珠の守護龍ル’ケブレス。

全ての攻撃呪文を無効化し、冒険者が唱える回復魔法さえ打ち消す。

しかもアーマークラスは-20もあるので、直接攻撃が当たる可能性はゼロである。

まずル’ケブレスに宝珠を手にする資格のある者たちであることを、理解してもらわなければならない。



街を襲った厄災の原因を突止めるため、 伝説の龍ル’ケブレスを捜し出し、神秘の宝珠をリルガミンに持ち帰るのが目的だが、もちろんシナリオ達成後もウィザードリィは終わらない…



百鬼夜行(ユース)2月23日



忍者が武士、僧侶などを率いて妖怪たちを倒していく和風RPG。

主人公は白装束に身を纏った、派手で目立ちまくりの忍びの者である。

夜になると、町中にも妖怪がうごめいてくるので、うかつには動けない。

当面は弱そうな敵だけ選んで、ちまちまと経験値を稼ぐしかない。

フィールドは見下ろし型だが、城や洞窟は3Dダンジョンになっている。



じゃじゃ丸忍法帳(ジャレコ)3月28日



じゃじゃ丸シリーズの三作目は、全四章からなる忍者RPGとして登場。



さくら姫も仲間となって登場する。



天地を喰らう(カプコン)5月19日



「週刊少年ジャンプ」に連載されていた本宮ひろ志氏の漫画「天地を喰らう」をゲーム化したもので、乱世を駆ける武将たちの熱き三国の時代をRPGにしたものである。

劉備軍を率いて、黄巾賊、董卓、袁術といった各地の逆賊を討ち、漢王朝の復興を遂げるのが最終目的。



五虎将軍の要、趙雲が劉備軍に加わる。



荊州の自宅ではいつも不在だった三顧の礼で有名な、伏龍こと諸葛亮孔明もようやく仲間になる。

さすが天才軍師、知力は最大の255。

暗殺の策略を覚えてくれれば完璧なのだが…



三国志最強武将の呂布奉先。

史実通りにゲームでも寝返ってくる。



呉の水軍大都督・美周郎こと周瑜と君主の孫権。

ちなみに周瑜は仲間にすることが出来、貴重な暗殺の計を持っている。

孫権は魏の曹丕にそそのかされ、兄の孫策を暗殺したことを白状する。



その曹丕も暗殺され、司馬懿が魏の実権を握る。



最強の敵・司馬懿、司馬師・司馬昭親子、五丈原を舞台に劉備軍は最後の決戦に挑む。

オリジナルストーリーを加えながら、動乱の三国時代をうまくゲームに取り入れ、面白くしている作品である。



スーパーチャイニーズ2 ドラゴンキッド(カルチャーブレーン)5月26日



発売がナムコからカルチャーブレーンに移った、シリーズ第二弾のアクションRPG。



ラサール石井のチャイルズクエスト(ナムコ)6月23日



元アイドルグループ「チャイルズ」と共に全国を旅するRPG。

彼女たちを一人前のスターとして育てるために、マネージャーとなり3人を引き連れて、全国各地で売り込み活動を行う。

「警察官」や「ゲロ」などの出会う敵を倒すのではなく、「よいしょ」して一人でも多くのチャイルズファンを獲得しなければ芸能界では生き残れない。

最終目的は「ときおホール」でコンサートを開くこと。



ホワイトライオン伝説 ピラミットの彼方に(ケムコ)7月14日



伝説のホワイトライオンを捜しに出掛けたまま、両親は帰ってこない…

マリアは両親捜しの旅に出る。



戦闘中に祈ることで、マリアの強い味方となる11種類の精霊たち。

モジャ(力が強く槍の精霊である)

ツワナ(ランプの精霊であり魔法攻撃のスペシャリスト)



経験値の概念が無いRPG。

迷宮内にある「きぼうのかけら」を見つけることで、レベルを上げていく。

戦闘が単なる足枷でしかなく、中盤から苦痛になってくる…



最後の大陸に行くには、竜の谷のドラゴンを倒さなければならない。

4つの岩で囲まれた勇者の洞窟で手に入る、破壊の像を使って倒せ。

しかし、ツワナもドラゴンと共に消えてしまう…



ウィロー(カプコン)7月18日



ジョージ・ルーカス制作のファンタジー映画「ウィロー」をゲーム化している。



主人公ウィローの武器は剣と魔法。

「突き」や「薙ぎ払い」を使い分けたり、盾で弾いたりと適度なアクション性が採り入れられている。



迷宮の奥に潜むボスを倒すことで、物語は進んで行く。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする