「 ファミコン 」一覧

ポートピア連続殺人事件(エニックス)1985年

ポートピア連続殺人事件(エニックス)1985年

「ドラゴンクエスト」シリーズの生みの親・堀井雄二、原作のアドベンチャーゲームです。 1983年に日本初の本格推理アドベンチャーゲームとしてパソコン版が発売され、その二年後にファミコン版が発売されました。 本作品は「堀井ミステリー三部作」の第一作目です。

貝獣物語(ナムコ)1988年

貝獣物語(ナムコ)1988年

貝獣物語は、1988年にナムコから発売された、ファミコンのロールプレイングゲームです。 ひときわ大きい箱の中に、ファミコン本体とは別に、貝獣物語の舞台となる『シェルドラド大陸のマップ』と、骸骨の絵で封印されており、ゲーム終盤まで決して中を見るなと、念を押して書かれている『涙の密書』、貝獣物語の『特製シール』、さらに『四人の勇者のフィギュア』という豪華な付属品が入っています。

サンサーラ・ナーガ(ビクター音楽産業)1990年

サンサーラ・ナーガ(ビクター音楽産業)1990年

キャラクターデザインが人気漫画家の桜玉吉、ゲームプロデュースは「機動警察パトレイバー」や「攻殻機動隊」でお馴染みの押井守、音楽に川井憲次という豪華なスタッフを起用しています。 今回、紹介する『サンサーラ・ナーガ』は、彼ら独特のカラーで、遙かインドの幻想世界を描いた、1990年にビクター音楽産

キング オブ キングス(ナムコ)1988年

キング オブ キングス(ナムコ)1988年

「女神転生」でお馴染みのアトラスが製作した、ファンタジー・ウォー・シミュレーションゲームです。 プレイヤーはキングの一人となり、ナイトやドラゴンなどのユニットを率いて王の中の王を目指します。 キョンペンモードによる魔族の総帥「ルシファー」との対決と、フリー対戦のマルチプレイモードがあります。

真田十勇士(ケムコ)1988年

真田十勇士(ケムコ)1988年

2016年の大河ドラマ「真田丸」で一躍、脚光を浴びた真田幸村。 現在も多くのゲームで大活躍しているが、1988年に既に彼とその配下にスポットを当てたゲームが存在していたのをご存じだろうか?